レディースローンの特徴やメリットは?

消費者金融や銀行で展開しているローン商品に「レディースローン」というのがあります。

 

「女性専用のローン商品」、「女性にも利用しやすいカードローン」というのがレディースローンのコンセプトなのですが、
通常のローン商品とどんな点が違っているのでしょうか?

 

通常のローン商品とレディースローンの違いを考える女性

 

arrow 契約申し込みの際、レディースローンは専用の電話番号が設定されており、その番号にかけると必ず女性のオペレーターが電話口に出て対応してくれます。そのあとも、職場への在籍確認や審査の結果通知など、金融機関から電話がかかってくる機会は何度かありますが、それらのオペレーターもすべて女性スタッフが行います。

 

この「女性が応対してくれる」という点が、レディースローンの特徴です。

 

特に女性は、貸金業からお金を借りることに強い抵抗を感じる方が多いですよね(こういう金銭感覚は大事ですよ)。
「借金」っていかにも貧乏じみたイメージがありますし、若い男性が貸金業者の待合室にいても誰も気にしませんが、これが若い女性だと、理由もなく変な目で見られてしまう、ということも実際にあります。

 

そこで、そうした入り口のハードルを下げて、女性の利用者を増やそう、というコンセプトで登場したのがレディースローンというわけです。
女性専用ダイアルがあったり、電話のやり取りも女性同士でできると、やっぱり利用する方も気持ちが楽ですよね。

 

 

 

では、この他にレディースローンの特徴や、利用するメリットはあるのかというと、実は「特にありません」

 

各金融機関のサイトで一般のローン商品とレディースローンを比較するとわかりやすいのですが、設定されている金利、借り入れ上減額、遅延した場合の損害金など、利用条件はすべて同じなんですね。
がんばって違いを探したところ、アイフルではレディースローン専用のローンカードを発行しているようです。これも特別な機能が付与されているわけではなく、デザインがきれいというだけです。

 

はじめてキャッシングを利用しようという方には、精神的な緊張を緩和するという点では意味のあるサービスだと思いますが、実利的な意味では、あえてレディースローンを利用する意味は低いといえます。顧客よりもむしろ、業者にとってメリットのある商品といえるかもしれません。

レディースローンは女性なら誰でも利用できる?

レディースローンは女性向けのローン商品です。申し込みには専用ダイアルが用意されていたり、オペレーターにはすべて女性スタッフを配置するなど、「女性のためのローン」であることが盛んに宣伝されていますが、女性であれば誰でも利用できる、というわけでもありません。例えば専業主婦の方などはどうでしょうか。

 

そこで、利用が可能かどうか、いくつかのケースをあげてみました。

 

レディースローン利用の可否

レディースローンを利用可能な女性

 

  • 主婦

    パートなどをしていて収入がある方であれば、収入の範囲内で利用することができます。専業主婦の場合は、旦那さんの収入にかかわらず、総量規制対象外の消費者金融を利用することはできません。レディースローンはいくつかの消費者金融が出していますが、専業主婦の取り扱いについては、同じです。

  •  

     

  • 学生

    学生でも利用することができますが、いくつか条件があります。まず、アルバイトなどをしていてある程度の収入があること。両親からの仕送りは、ひと月に何十万円送ってもらっていたとしても、収入とはみなされません。この辺の事情は主婦の場合と同じですね。
    もう一つは、20才以上であること。未成年者への融資は法律で禁じられているためです。

     

    学生の場合は、学生用レディースローンという商品があり、これを利用すると、やや低い金利で借り入れができます。

  •  

     

  • 高齢者

    退職して年金生活をしている方は、年金は収入とみなされますので、基本的に利用できます。ただし、おまとめローンなどの特殊ローンは利用できない金融機関が多いです。

     

    また、金融機関は利用年齢に上限を設けています。金融機関によって差がありますが、65〜70歳に設定していることがほとんどですね。
    70歳以上の方は、これは女性専用ではありませんが、地方銀行で展開しているシニアローンを利用できます。80歳までに完済するという条件で、年齢上限を75歳まで引き上げています。

  •  

     

  • 旦那さんにお金がない

    失業中であったり、借金がかさんで自己破産していたり、とにかく旦那さんにお金がないという場合です。これは、契約する方(奥さん)に収入があれば問題なく利用できます。いわば、@の逆のケースですね。

 

キャッシングというのはあくまで個人と金融機関との契約ですから、家族の経済力は良くも悪くも加味されないわけです。

 

ウィキペディアより引用

女性専用キャッシング(じょせいせんようキャッシング)とは、女性のみを対象に融資を行う消費者金融(サラ金、ローン)の事を言う。俗にレディースローン、レディースキャッシング。女性専用ローンとも言う。
〜中略〜
また女性向けに金利の優遇、融資枠の拡大などのサービスを行ったり、通常の消費者金融では「本人の収入がない」として貸し出しを断られることが多い専業主婦向けに貸し出しを行うところもあったが、2010年6月18日に施行された改正貸金業法により年収の1/3を超える貸し付けが禁止されたため収入のない学生や専業主婦への融資やローン契約が原則としてできなくなった。最近では、大手消費者金融でも女性専用のフリーダイヤルを設置しているところもある。

出典ページ:https://ja.wikipedia.org/wiki/女性専用キャッシング

 

以上、レディースローンを検討中の方に、様々な知識をまとめてみました。女性ならレディースローンを使わなければならないというようなものではなく、一般の消費者金融のキャッシングや、銀行カードローンは審査の上利用できますので、自分に合うものを選ぶと良いでしょう。また、パート収入など一切ない専業主婦であれば、消費者金融ではなく、銀行カードローンにまずは審査を申し込むのが普通です。

 

女性のための姉妹サイトご紹介(外部リンク)

引越しの見積もり訪問。どんな流れ? 営業マンはしつこい?
http://www.xn--68j9dya6678alhkty3bnkwpdb93q.com/
引っ越しのとき、一人暮らしの女性や主婦が気になるのが、見積もり訪問ではありませんか。正確な金額を見積もりするためにはたしかに必要なことですが、男性の営業さんにマンションや自宅に入られ、クローゼットを開けられるのはあまり気分の良いことではありませんよね。このサイトでは、そんな女性のために、引越し見積もり訪問についてまとめてみました。

 

クレジットカード、残高不足で引き落としできない場合の対処方法。
http://www.xn--lckh1a7bzah4vuer520aew5cfs4dx76a.com/
VISA、JCBなど現代社会にクレジットカードは欠かせませんが、つい、うっかり、引き落とし日に、銀行残高が足りなかった。。。そんなピンチって、忙しいOLさんや派遣社員の方には少なくないはずです。そこで、このサイトでは、何時に引き落としされるの、間に合わないときはお金を借りる、など対処法についてまとめました。