借金にも時効がある

借金にも「時効」が存在するってご存知ですか?

 

時効をむかえた借金は効力が消滅します。

 

つまり債務者が返済する義務がなくなるのですね。

 

このように書くと期待でどきどきする方もあると思います。

 

時効というのは狙ってできるものではありませんが、もしも、の場合に成立する条件を知っておくとよいですよ。

 

暗い女性

 

借金はいつ時効になるの?

 

借金の時効期間は、

 

  • 法人から借りたものは5年
  • 個人から借りたものは10年

 

です。

 

キャッシングは貸金業者や金融機関からの借り入れですから、5年で時効が成立します。

 

ですが、単に時間がたてば成立するのではなく、成立のためにはいろいろな条件が存在します。

 

債務者が最後に返済をしてから5年が経過している 借り入れをした時点ではなく、あくまでも最後に返済をしてから経過した期間をカウントします。ここからは、成立条件ではなく中断条件です。これらのことがあった場合は、時効までの日数がリセットされてしまいます。
債権者から請求や催告があった 口頭や電話、普通のハガキで請求がきても、それは考慮しなくてかまいません。内容証明郵便など、記録が残る方法による請求・催告がきた場合だけです。
差押え・仮差押え・仮処分が行われた 債権者が、貸付金の回収のために債務者の財産を差し押さえるなどの措置をとった場合は、そこで時効までのカウンターはストップです。
債務の承認があった 債務者が気をつけたいのはこれですね。金融機関からの督促に「いついつまでに返済します」、「返済を少し待ってほしい」などと答えてしまうと、自分に弁済義務があることを認めたとみなされるので、そこで中断します。また、「返済」そのものも中断条件です。

 

上で述べましたが、中断条件に引っかかると時効までのカウントはストップされます。

 

ストップした時点から5年間が経たないと、時効は成立しません。

 

もちろんその間、中断条件がないことが条件です。

 

要は、借金の時効成立は、

 

「債務者が返済をしていないにもかかわらず、債権者が催告などの権利を行使しないまま、5年が経過したとき」

 

というのが条件ということになります。

 

債権者に回収の意思がないのならば、返さなくてもよいということですね。

 

借金の時効は債務者と債権者、双方の協力(?)がないとなかなか成立しないですが、実務がいい加減な貸金業者もありますし、成立する可能性はあります。

 

推奨するわけではありませんが、催告がこないようなら様子を見て、時効を狙ってみる方法もあるということです。

 

 

「レディースローン」って普通のローンと何が違うの?・・・続きを読む