どこの金融機関に依頼すればよいの?

専業主婦をしていると、「今月は臨時の出費が多くてお金がちょっと足りない……!」そんなこともありますよね。

 

収入がないとキャッシングも難しそうですが、どこの金融機関に融資を依頼すればよいのでしょうか。

 

キャッシングが難しそうで困っている専業主婦

 

この場合、銀行のカードローンならば借り入れが可能です。

 

そもそも、収入のない専業主婦がキャッシングしずらくなったのは、2010年に「総量規制」が施行されてからです。

 

これは、多重債務や自己破産を防止するための措置で、借り入れ総額が年収の1/3を超えることはできないというものです。

 

ただし、この総量規制は消費者金融にのみ適応されます。

 

そのため、専業主婦でも銀行のカードローンは利用できるのです。

 

とはいえ、銀行ならばどこでも利用できるわけではなく、「収入のある方のみ」という条件の銀行もあります。

 

「収入がない方でも借り入れ可能」のローン商品を提供している銀行は、たとえば、

 

  • 「みずほ銀行」
  • 「三菱東京UFJ銀行」
  • 「楽天銀行」

 

などがあります。

 

その代わり、借り入れの上限額は30万円から50万円程度と低くなっています。

 

また、消費者金融よりは低いものの、銀行が提示している金利のうち、最高金利が適応されることがほとんどです。

 

本人に収入がなく、また配偶者の収入証明書がなくてもキャッシングができるのは、このように借り入れ可能額が抑えられていることと、金利によるストッパーがかけられているためでしょう。

 

実際、データを見ると主婦がキャッシングする場合、1〜5万円程度という、少額の借り入れがもっとも多くなっています。

 

確かに、生活費が足りなくなる場合は、たいていこの範囲ですよね。

 

ローンの未払いに注意!

 

申し込みの際に気をつけたいのは、ローンの未払いです。

 

クレジットカードが未払いになっていたり、キャッシングして返済を滞納したりした事実があると、事故情報になって残りますから、契約は難しくなります。

 

未払い分だけでも清算してから申し込んだ方がよいと思います。

 

また、いくつもの金融機関にいっぺんに申し込むのも、経済状態その他を疑われて審査に落ちる原因になります。

 

ここは、どんなキャッシングでも共通ですね。

 

 

「レディースローン」について・・・続きを読む