配偶者貸付とはどんなサービス? 利用方法は?

配偶者貸付とは

 

配偶者貸付とは、借り入れをする際に夫婦の収入を合算し、それによって借入限度額を引き上げてもらう契約方法です。

 

消費者金融の融資には、契約者の過度の借金を防止するために「総量規制」という規定が設けられており、収入の1/3以上の借り入れはできないことになっています。

 

そのため、たとえば収入150万円の人の借入限度額は50万ということになります。

 

しかしその人の配偶者に300万円の収入があった場合は、配偶者貸付を利用すれば、「(150万円+300万円)÷3」で、150万円まで借り入れができるわけです。

 

この場合のメリットは、

 

金利を低く抑えることができる点

 

です。

 

まとめて大きな額を借り入れした方が金利が低くなります。

 

夫婦それぞれで借り入れをしても同じ額を借りることはできますが、それだとトータルの返済額が大きくなってしまうのですね。

 

配偶者貸付を利用するのに必要な書類は?

 

配偶者貸付を利用するには、「夫婦関係を証明する書類」、「配偶者の同意書」、「配偶者の収入証明書」が必要です。

 

夫婦関係を証明する書類とは、住民票や戸籍抄本などの、公的な書類です。役所で発行してもらう必要があります。

 

配偶者の同意書とは、単純に、旦那さん、または奥さんに「信用情報を提供すること」、「お金を借りる契約をすること」に同意しますという内容の書面を書いてもらいます。公的なものではないので、形式には決まりはないと思います。内緒の借り入れには利用できないわけですね。

 

配偶者の収入証明書は、借り入れ金額によっては必要のない場合もあります。

 

配偶者貸付は、入籍してないとダメ?

 

配偶者貸付は、まだ入籍していないカップル、または同居しているけれど諸事情で入籍の予定のないカップル、いわゆる事実婚の夫婦も利用できます。

 

事実婚の証明方法

 

その場合は、住民票の続柄の欄に「夫(未届)」、「妻(未届)」と記入します。

 

または、法律事務所で事実婚であることの契約書、合意書を作ってもらうと確実です。

 

これらの必要書類をそろえて窓口で申し込むことになります。

 

ただ、役所に行かないといけなかったり、同意書を書いてもらう必要があったりなど手続きが面倒であること。

 

前述のように内緒の借り入れには利用できないことから、実際に使う人は少ないようです。

 

でもこうしたサービスがあることは、覚えておいてもよいと思います。

 

確かにこっそり借りる場合にはだめですが、入院など、急な出費で消費者金融を利用しなければいけない場合など、役立つこともあると思いますよ。